2014.03.17
2014年度(平成26年度)トレーラー国内需要見通し

日本自動車車体工業会トレーラ部会では、2014年度のトレーラー国内需要見通しをまとめたので発表します。

 1.2013年度のトレーラー総需要は5,909台・前年比106.0%になるものと見込まれる。

  主力であるコンテナ用タイプは、2012年度後半からの国内外の景気低迷回復により、前年比109.3%となった。

  また、平床・低床タイプは前年比110.6%と増加した。

  このレベルは、台数安定期である2005年度から2007年度の平均台数(約8,000台)比では73.9%である。

2.2014年度については、世界経済は緩やかな拡大基調にはあるものの、新興国の景気下振れリスク等が懸念されまた、

  国内経済は景気回復への期待と継続した復興需要、東京オリンピック・パラリンピック開催準備に向けた需要などが

  想定されることから、トレーラー総需要は6,269台、2013年度比106.1%と見込まれる。

 ・詳細は、「2014年度トレーラー国内需要見通し」を参照下さい。      

  (注)日本自動車車体工業会でいうトレーラーとは貨物輸送用をいい、キャンピングトレーラー、ボートトレーラーなどは除く。

 

ページトップへ