2015.03.17
2015年度(平成27年度)トレーラー国内需要見通し

日本自動車車体工業会トレーラ部会では、2015 年度のトレーラー国内需要見通し
をまとめたので発表します。

1.2014 年度のトレーラー需要見込み
    2014 年度のトレーラー需要は6,500 台・前年比105%になるものと見込まれる。
    コンテナ用タイプは同96%で前年並みとなったが、バンが復興需要により同115%、
    またその他特装系が同109%であり、特にダンプトレーラが建設需要の増加などに
    より全体を押し上げた。

2.2015 年度のトレーラー需要見通し
    2015 年度については、世界経済は緩やかな拡大基調にはあるものの、新興国の通
    貨危機リスク等が懸念される。そうした中、国内経済は成長戦略の効果が除々にで
    はあるが表れてくるのに加え、円安による輸出増や原油安を追い風にした消費の持
    ち直しにより、緩やかに回復することが期待される。
    こうしたことから、トレーラー総需要は6,900 台、2014 年度比106%と見込まれる。

 ・詳細は、「2015年度トレーラー国内需要見通し」を参照下さい。      

   (注)日本自動車車体工業会でいうトレーラーとは貨物輸送用をいい、
           キャンピングトレーラー、ボートトレーラーなどは除く。

 

ページトップへ