2018.07.03
2017年の職場における熱中症による死傷災害の発生状況について

  2017年の職場における熱中症による死亡者及び休業4日以上の業務上疾病者の数は544人と依然として高止まり状態にある。そのうち、建設業においては僧坊者数8人であり、2016年と同様の高い割合を示している。2017年に熱中症により死傷した544人のうち、486人が7月、8月に被災された。また、死亡した14人のうち、9人が7月、5人が8月に被災された。 昨年の災害状況をふまえ2018年の職場における熱中症予防対策は『「STOP!熱中症 クールワークキャンペーン」の実施について』において留意すべき事項をお知らせしているので、熱中症の予防対策の、より一層の対策と関係事業場等への周知等をお願いする

 

<詳細は以下を参照>

ページトップへ